GRAYZONE

アクセスカウンタ

zoom RSS 潮目

<<   作成日時 : 2006/02/08 14:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年まで小泉首相が窮地に追い込まれると、小泉首相には必ず良い風が吹いて大勝利を収めていた。運の強い人だと言われた。昨年の郵政民営化選挙はその極致であり、前代未聞の圧勝であった。あまりの圧勝振りに反対意見を唱えることも難しいとの独裁振りであった。
しかし、年が変わるや耐震偽装問題、ライブドア事件、米国牛肉BSE危険部位混入事件など小泉政権、小泉改革にとって逆風が吹き始めた。メディアなどは潮目が変わったと囃し立てている。更に、秋篠宮紀子様のご懐妊という本来ならおめでたいニュースさえ、皇室典範の改正法案の国会提出、成立を目論んでいた小泉首相にとっては逆風となりかねない状況である。
海を船で走っているとと潮目言うものを見ることがある。同じ海水なのに、を境にはっきりと水の色、波の立ち方などが違って見える。遠く海岸からでも、沖に潮目を見ることもある潮目。水なのに何故混ざらずにあのようにくっきりと境目ができるのか不思議なほどである。
スポーツなどをしていると調子や実力とは関係なく、急に流れが変わることがある。何をやっても上手く行っていたことが、ある一瞬を境に、何をやっても上手く行かなくなることがある。より慎重にしたり、意識的に動いたり、作戦を変えたりしても、なかなか流れを変えることはできない。個人競技でなく、団体競技でも起こりうる。いつの間にかと言うこともあるが、たった一球の凡ミス、不運、審判ミスなどをきっかけに流れが変わることがある。まさに、である。
潮目と言うのは、理屈では予想できず、また脱出できない潮目もののようである。まさにGRAYZONEだが、一国の首相の潮目の変化は、国民にも大きな影響がある。小泉首相の潮目の行方を注視していきたい。


時代の潮目をよむ
時代の潮目をよむ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
潮目 GRAYZONE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる