東京マラソン強行の非常識

気象庁のチリ超巨大地震による大津波警報、津波警報の予測過大について批判が起こり、気象庁もお詫びをしたという。確かに結果としては3mの津波予測に対して観測された最大津波は1.2mであったから、過大予測だったのだろう。しかし、過小予測をして人的被害など出ていたら非難どころでは済まなかったであろう。チリと言う地球の反対側で起きた超巨大地震であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンクーバーオリンピック

2週間に亘ったバンクーバーオリンピックも日本にとっては今日の女子フィギュアでほぼ終わった。限界まで鍛え上げられた選手たちの戦いは、いつも本当に素晴らしい。今回のオリンピックを観て、番狂わせや予想外の結果もなかった訳ではないが、全体的にみるとほとんどがランキング通り、現在の実力通りの結果だったのではないだろうか?モーグルの上村愛子さんも4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年チェンジすべきなのは

昨年は、1月の米オバマ大統領就任、9月の日本の政権交代・鳩山内閣の誕生とトップリーダーがチェンジした年だった。オバマ大統領は核兵器の廃絶を、鳩山政権はコンクリートから人への政策変換を訴え頑張ってはいるが、実行はほとんど上がっていない。大体、トップが変わればす直ぐに世の中や経済が変わるのなら誰も苦労はしない。 国民がトップを信頼し、苦し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇陵墓の発掘調査

纏向遺跡での大型建物跡の発掘、桜井茶臼山古墳発掘など邪馬台国に繋がる考古学上の発見が相次いでいる。 纏向遺跡の大型建物跡は卑弥呼の宮殿跡ではないか、桜井茶臼山古墳から発見された81枚の銅鏡の内の1枚が卑弥呼が中国皇帝から受けてものではないかとの説が出ている。長い間、北九州説と畿内説が争われて来た邪馬台国論争で畿内説が有力になったと言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民新党・亀井大臣いい加減にして欲しい!

郵政民営化の見直し、元官僚の天下り容認人事、第2次補正予算案の策定において鳩山内閣の中で亀井大臣の専横が目立つ。 連立政権だから三党対等だと言う。だが企業合併でも対等合併もあるが吸収合併もあり、企業力次第でいろいろである。総選挙で300以上の議席を獲得した民主党と3議席しか確保できなかった国民新党が連立政権を組んだからと言って対等であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学技術予算

行政刷新会議の事業仕分けでスーパーコンピューターの研究開発費など科学技術予算が廃止・削減ととされたことに関して、ノーベル賞受賞者初め学会・大学などから反対・危惧などの意見が発せられ、廃止・削減の見直しの機運が高まっている。>>『教育や科学技術は未来への投資でありコストではない。歴史という未来の法廷に立つ覚悟があるのか?』 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事業仕分けに期待する

いよいよ鳩山内閣の目玉、行革担当会議の事業仕分け作業が始まった。 TVのニュースなどで断片的にしか見ていないが、今までにない新鮮さを感じる。 強権的だ、一方的だ、時間が足りない、拙速だとの批判もあるようだが、予算編成上ゆっくりはやっていられないし、強権的でもなければ何も変わらず無駄などなくせないだろう。 自民党などは公開処刑だと批…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒られるべきは朝青龍か?

大相撲秋場所は、白鵬との横綱決戦を制した朝青龍の24回目の優勝で幕を閉じた。白鵬、朝青龍の本割、優勝決定戦の二番は、大相撲の醍醐味、すさまじさ、面白さを改めて認識させた。優勝した朝青龍には、優勝決定後の土俵上での両手を挙げてのガッツポーズ、稽古不足など横綱に相応しくないとの非難がまたまた浴びせられている。相撲を国技とする日本人には、相撲…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

これで良いのか? インフルワクチン接種の優先順位決定

新型インフルエンザワクチンの国内生産量は、必要数の3分の1にも満たない1800万人分だという。 厚労省は不足分は輸入する方針と言うが、接種の優先順位を発表した。医療従事者、持病持ちの人、乳幼児と親、就学児童、妊婦、65歳以上の高齢者・・・優先順位としては妥当なのかも知れない。しかし、逆に言えば、優先順位から漏れた人は、新型インフルに罹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒井法子の覚せい剤事件と民意

裁判員制度は、司法判断と民意の乖離をなくすという目的で導入された。しかし、対象となる事件は殺人などの凶悪事件に限られている。今日までに東京、埼玉で2つの裁判員裁判が行われ判決が出された。隣人殺人事件と殺人未遂事件だったが、いずれも被告が犯行を認めており、争点は殺意の強さ、残忍性、反省度、遺族の心情による刑期の長さだけであった。こんな裁判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判員裁判の疑問

初めての裁判員裁判の判決が出た。隣人殺人の量刑は懲役15年の実刑であり、従来の裁判より若干思い判決と言われている。しかし、この15年の量刑判決が妥当なものだったのか、正解だったのかは誰にも分からない。 裁判のやり方が大きく変わり非常に分かり易かったとか、4日間という迅速な裁判が行われたとか制度導入成功との意見も多い。しかし、そもそも今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判員裁判スタート

いよいよ昨日から東京地裁で裁判員による裁判がスタートした。 召集を受けた100名の候補者の中から6名が選ばれ4日間に亘り、審理、判決に参加している。 検事、弁護士、裁判官という法曹の専門家だけによるこれまでの裁判では一般人の民意から離れた判決がなされる可能性があるというのが裁判員制度導入の最大の理由と聞く。立法府である国会は選挙があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それって本当にエコ?

今やエコは錦の御旗、黄門さまのご印籠のようなものである。エコのためといえば、誰も反論できない。 何だかよく分からない政府のエコポイント制度もスタートし、エコ家電の売り上げは好調だという。また、エコカーの減税、補助金の効果でハイブリッドカーなどの売り上げは好調だそうです。世界的経済不況の中で、経済効果は大きく、その意味では結構なことであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判員制度スタート

いよいよ今日から裁判員制度がスタートすると言う。とは言っても、実際に裁判員が参加しての裁判が実施されるのは7月の末からと言うことらしい。 裁判員制度は、殺人、強盗致死、放火などの重罪の裁判に民意を反映させると言うことが最大の目的だと言う。 裁判に民意を反映させることが目的の制度が、民意を反映しない形で実施されることになるのは、何とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間違っている介護行政

渋川の老人福祉施設の火事で入居中の10人もの老人が亡くなってから、昨日で49日だそうである。マスコミで報道されることもなくなったが、まだ75日の半分強の日が経ったに過ぎない。事故当時は、やれ違法増築だ、火災警報が設置されていなかっただの、介護職員が一人しかいなかっただの、施設経営者の落ち度が指摘された。確かに、経営者に落ち度はあったのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMAP草彅騒動

人気グループSMAPの草彅 剛さんが、公然ワイセツ罪で逮捕された。 最初に報道を聞いた時、単なる酔っ払いの破廉恥事件だと思った。 しかし、その後の報道をみると、人気スターが凶悪犯罪でも犯したかのような大騒ぎである。 警察も自宅の家宅捜索をしたと言うので尿からでも薬物反応でも出たのかと思ったが、何も押収品はなかったとのことである。ニ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北朝鮮のミサイル発射

北朝鮮は、昨日通告通り、テポドン2ミサイルを発射した。 拉致、核、ミサイルと北朝鮮は、どうしようもないテロ国家だが、日本政府の頼りなさ、無能無策に腹が立つ。 誤報、誤探知のお粗末さもさることながら、米韓は2段目から先は太平洋上に落ちたと津関結果を発表しているのに、日本は落下地点も800km以上も間違えた上、追跡できなかったとしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC決勝戦の鍵

選抜高校野球も終わり、いよいよプロ野球も開幕である。 ちょっと遅くなったが、WBCの韓国との決勝戦について触れておきたい。 ①10回表のイチローとの勝負について  2アウト1、3塁、その後2、3塁、確率的にみて、やはりここはイチロー敬遠が常道であったであろう。  韓国の監督は、「臭い所を突いてカウントが悪くなったら敬遠のサインを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国策捜査?

民主党代表・小沢一郎氏の公設第一秘書が、西松建設からの献金を政治団体からの献金と虚偽記載したとの政治資金規正法違反容疑で逮捕・起訴された。 確かに起訴されたからと言って、その容疑が真実で有罪かどうかは裁判の結果を見なければ分からない。東京地検がかなりの証拠を固めているのだろうとは思うが、その真実は分からない。また、この事件が政治規正法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC決勝リーグについて

WBC、我が侍Japanはキューバ戦に続いて韓国にも快勝し、第2ラウンド1位で決勝リーグに進出し、準決勝で米国との対戦が決まった。ともかく、あと2勝してWBC連覇達成を祈りたい。  今回のWBCでは、初戦の中国は別として、世界選手権とは言いながら韓国とキューバとばかりやっているとの印象が強い。準決勝で日本、韓国が勝てば決勝で韓国とは5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC韓国戦

WBC第2ラウンド、日本代表チームはまたも韓国代表チームに敗れた。点数こそ4-1であったが、第1ラウンドの順位決定戦のビデオを見ているようだった。 今日の敗因はチームリーダー・イチローの不振が大きいことは間違いないが、何故、韓国にばかり負けるのであろうか? 韓国は日本戦になると異常なほどのライバル意識をむき出しにすると言われるが、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばれ!カルデロンのり子ちゃん

昨13日、親子3人揃っての在留特別許可を求めていたカルデロン一家にのり子ちゃんにだけ在留特別許可を認め、両親は自主帰国との決定が出た。在留特別許可の裁定者である森法相は、「のり子ちゃんの希望、人権に最大限配慮した温情ある裁定である」と述べた。中学1年生と言う多感な時期に、叔母家族と一緒とは言え両親と離れて暮さなければならないのり子ちゃん…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

小沢公設第一秘書逮捕

西松建設からの迂回政治献金疑惑で、民主党の小沢代表の公設第一秘書が逮捕された。 小沢さん、民主党は、選挙を控えたこの時期の逮捕・強制捜査は政治的な作為を感じると検察を非難している。 検察あるいは政権与党による作為的な意図があるのかどうかはGRAYZONEで分からない。しかし、逆に言えばこの時期に公設秘書を逮捕すれば、作為的であると非…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

計算尽くの小泉発言

小泉元首相の麻生批判発言の真意を巡って、いろいろな推測がなされている。本人は言いっ放しでロシアに行ってしまったので本当のところは分からない。しかし、郵政民営化に対する麻生首相の逆行発言、小泉元首相を奇人変人、非常識扱いしたことに対する、単なる私怨、仕返し出ないことは明らかである。 小泉さんが郵政解散した前夜、森さんが小泉さんを訪ね、缶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他国は助けられても、なぜ夕張市は助けられないのか?

国民の反対をよそに総額2兆円の定額給付金が決まった。定額給付金の財源はいわゆる埋蔵金らしいが、個人に配らずまとめてもっと有効に使って欲しいと言うことは前にも述べた。 麻生首相は国内での不人気の挽回を狙ってか、国際社会でも大盤振る舞いを行っている。IMFへの10兆円を拠出に加えて、先日のダボス会議ではアジア諸国へのODAとして1.5兆円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望みたい登録型派遣の禁止

勧善懲悪ドラマの決定版と言えば 『水戸黄門』 だろう。その水戸黄門での悪役と言えば、豪商(越後屋)、廻船問屋、金貸し(賭場のヤクザ)そして口入れ屋と言ったところだろう。大体、その黒幕として悪代官(あるいは家老)がいる。この図式は現代も変わっていない。豪商は大企業、廻船問屋は商社、金貸しは銀行、サラ金、口入れ屋は派遣業者と言ったところだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財界人の質

政治家の質、総理の質の低下は言われて久しい。信念を持って国をリードできず1年毎に首相が交代するようでは、国民に尊敬され、信頼される政治家が出てきて欲しいと思わざるを得ない。 経団連の会長は「財界の総理」と言われている。こちらは選挙によって国民の審判を受ける訳ではなく、任期途中で交代することもない。その為、戦後60年の歴史の中で御手洗現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

派遣切りの前に、「隗より始めよ」

政治における勝ち組は国会議員、経営における勝ち組は役員、官僚における勝ち組は次官、局長、審議官であろう。 経費節減と言うと社会保障費の削減、派遣社員などの非正規社員の解雇、官僚数の削減など弱者、負け組に向かう。 社会保障費を毎年2200億円削減したために、医療・介護・障害者支援などは崩壊した。国会議員には、給料が年に2400万円が支…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

全て金融危機のせいか?

アメリカのサブプライム問題に端を発した世界的な金融危機は、実体経済にも甚大な影響を及ぼし、いまや世界同時不況といった深刻な状況である。 しかし、全てを金融危機、不況のせいにして、何でもありと言うのはいかがであろうか。 他国の話ではあるが、米国ビッグ3が経営破綻しそうだからと、経営者が公的資金投入による救済を要請し、下院が1.3兆円の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2兆円の定額給付金

すったもんだあった定額減税は、一人当たり1万2千円の定額給付金を支給することで決着したらしい。子供、高齢者には一人当たり8千円の付加給付が付くと言う。夫婦と子供2人の標準家庭で6万4千円の給付金が支給されることになる。いくらお金の価値がなくなった時代とはいえ、決して少ない額ではなくもっと大喜びしても良いような額である。しかし、報道機関の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急患者のタライ回し

全国で救急患者の搬送を拒否する救急病院が増加し問題となっている。数回から十回も搬送を断られることも珍しくないということである。特に脳出血を起こした妊婦がER、周産期母子医療センターに指定された東京の名だたる大病院に9回も搬送を断られ死亡したために、改めて問題になっている。 搬送を断る理由としては、担当の専門医師がいない、他の患者の手術…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

首相答弁

国会での代表質問、予算委員会、防衛特別委員会での麻生首相の答弁を聞いた。私の麻生首相に対する先入観からすると、政策の内容は兎も角、かなり我慢ず良く丁寧に答弁されていたような印象を持った。 小泉元首相は答弁もワンフレーズであり、何度でもそのワンフレーズを強引に繰り返した。ちょっと別の表現をしたらとイライラしたこともあったが、ぶれないとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲八百長裁判

大相撲の八百長問題を書いた『週刊現代』を事実無根として日本相撲協会が訴えた裁判が始まり、横綱朝青龍が教会側の証人として出廷し、八百長疑惑を否定した。勿論、横綱が「何番かは八百長もあった」などと口が裂けても証言するはずもない。さらに、大麻吸引で解雇された若ノ鵬が琴欧州らが八百長を依頼したと『週刊現代』紙上で告発した。 いずれにしてもよほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア人力士の大麻問題

精密検査でも露鵬と白露山の尿から大麻成分が検出されたという。二人の力士の尿がすり替えられたりでもしていない限り、科学的には事実として動かし難い。露鵬はB検体の再検査を拒否したという。本人が拒否したのだから、これで決定ということになる。但し、検査機関から検出された濃度などの詳細情報は発表されていないので、現時点では副流煙に拠るものではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相突然の辞任

昨夜、福田首相が突然辞任した。首相の突然の辞任というと細川護煕、阿倍晋三に引き続いて三人目であろうか? いずれも政局打開に嫌気が差してのプッツン辞任であろう。政治家、しかも首相にまで成りつめた人の責任放棄、投げ出しである。本当に情けない。 福田さんは、「自分が辞めて、新しい布陣で難局を突破すべきである」との辞任の弁を述べたが、誰が首相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガソリン税を引き下げろ!

ガソリンが180円/リッターと高騰し、間もなく200円/リッターに達するだろう。今日は全国の漁船は休漁だそうである。ガソリン(原油)はすべての産業、生活の一番根本のエネルギー源なので、漁業に限らずすべての産業でコストアップに繋がり、物価にも跳ね返って個人の生活への影響も大きい。今回のオイル高騰は投機マネーによるものだということなので、サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現役世代の負担増

後期高齢者医療制度、介護保険制度などの論議になると、>「このままでは現役世代の社会保障費の負担が増大し、維持できなくなるから、高齢者にも応分の負担をしてもらわなければならない」という意見が出される。少子高齢化社会では高齢者の医療費、介護費が増大し、それを少ない人数の現役世代が支えなければならない訳だから、何も手を打たなければ一人当…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

再び病気腎移植問題について

ちょっと古い話になるが5月13日に超党派の議員連が、「病気腎の移植を認めるべき」との声明を発表した。万波医師による病気腎移植については、このブログでも取り上げたことがあるが、病気腎移植の可否について未だに見当違いな議論がなされているので、再度私見を述べることにする。 腎臓が機能しない患者は移植手術を受けない限り、透析を続けなければなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピード社製水着LZR

日本の北京五輪水泳の代表選手は、日本水連の契約三社の水着のほか、スピード社製のレーザーレイサー(LZR)という水着も着れることになった。 それにしても、LZRを着た選手たちが世界各地で世界新記録を樹立し、それをみて初めてLZRを着て泳いだ日本選手たちも日本記録を連発し、最後には北島康介選手が200m平泳ぎで世界記録を樹立した。まさにL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』にみるアメリカと戦争

 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』という映画を観た。1980年代テキサス州選出の酒と女が大好きなお気楽下院議員が、たった一人でソ連のアフガン侵攻を阻止したという実話に基づいた話である。ある意味での英雄物語である。 冷戦時代、ソ連はアフガニスタンに侵攻し、軍事支配しようとしていた。アメリカは、ソ連のアフガン侵攻に無関心で、モスクワ五…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚労省 療養病床削減を断念

5月8日付けで療養病床の削減は、介護・医療行政の最大の問題であることを述べたが、5月24日毎日新聞は 「厚労省が療養病床の需要について調査し直した結果、25万床前後の確保が必要と判断し、削減を断念」 と報じた。 このことは、毎日新聞が報じただけで他の新聞やTVのニュースでもあまり報じられていないので本当かどうかはグレイゾーンであるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四川大地震チベット自治区は?

5月12日起きた中国の四川大地震は未曽有の被害となった。地震の犠牲になられた方々には衷心より哀悼の意を表し、また被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。 サイクロン被害にあったミヤンマー軍事政府に比べ中国政府の方が開かれているという印象を受けるが、それでも自分たちに都合の良いことは報道するが、都合の悪いことは隠す報道規制が行…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

後期高齢者医療制度よりも酷い療養型病棟の廃止

後期高齢者医療制度が稀代の悪法として問題になっているが、もっと酷いのが医療法・介護保険法の改正による療養型病床の削減である。後期高齢者医療制度は75歳以上の人およびその家族に直ぐに影響が出たので大騒ぎになっているが、それ以上に療養型病床の削減は多くの要介護老人が介護難民となりかねない大問題なのである。要介護老人ばかりでなく、救急医療にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般財源化のカラクリ?

自公与党は4月30日にガソリン税暫定税率を復活させることを決定したと伝えられる。福田首相は、その代りに道路特別会計ではなく、来年度から一般財源化すると公約した。つまり、ガソリン税は道路にしか使えなかったものを来年度からは道路以外の何にでも使えるようにすると約束した訳である。大きな転換、進歩とも受け取ることもできるが、また言葉のトリックが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道路、医療、介護・・・優先順位は?

我が国は人類史上経験したことのない超高齢者社会を迎えようとしている。労働人口が減り、介護や医療の必要となる高齢者が増えれば、歳出歳入バランスが崩れ財政赤字に陥るのは仕方がない。しかし、だからと言って財政再優先で、収入のない高齢者から介護保険料、後期高齢者医療保険料を取り、介護、医療の質を落とし、それに従事する人たち(医者、看護師、ケアマ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

後期高齢者医療制度

福田首相は  「後期高齢者医療制度」  を内容はそのままで 「長寿医療制度」 と呼称変更したいと表明した。いくら評判が悪いからと言って、これでは将に呼称詐欺である。大体、後期高齢者などという言葉は、医療費圧縮のためにわざわざ政府与党が作り出した言葉、概念である。 普通財源が不足した時には、負担を増やしてサービスを良くするか、少なくとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日銀総裁空席

昨日の福井日銀総裁の任期切れを以って、とうとう日銀総裁は空席となった。不測に事態によっての空席ではなく、5年間の任期を全うしての空席である。人事案提出者である内閣、首相の責任は大である。準備不足、根回し不足の責めは大きい。 与党は総裁人事案に不同意とした民主党他の野党に責任を転嫁しようとしているが、野党は初めから財務官僚出身の総裁候補…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対応間違えてる中国

毒入り餃子事件について、中国捜査当局は、残留農薬ではなく、犯罪事件としながらも中国国内での混入の可能性はなく、日本での混入の可能性が高いとの判断を示した。中国国内では、当然との受け止め方が多いと報じられている。 恐らく、このような発表では日本は勿論、国際的にも中国食品の安全性に対する信頼は全く回復しないであろう。否、ますます中国製品に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毒入り中国産冷凍餃子

毒入り中国産冷凍餃子の真相は未だに闇の中だが、残留農薬とか製造工程の管理不足の問題ではなく、故意による犯罪の可能性が高くなってきた。天洋食品の労働問題が背景にあるとの説も出ている。いずれにしても中国特有の問題のように捉えがちであるが、果たしてそうだろうか。確かに、残留農薬や製造工程管理の問題ならば、中国特有の問題とかも知れないが、犯罪と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中東の笛

私はハンドボールを全くやったことはないし、一試合をテレビで観戦したこともない。今回の北京オリンピックのアジア予選もニュースで観ただけである。従って、如何に不公平な審判だったかについては論じる資格はない。しかし、ハンドボール関係者や経験者が揃って不公平な審判であり、スポーツとして成り立たないと論評し、日本と韓国の提訴を受けた国際ハンドボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more